マルサス研究序説-親子書簡・初版『人口論』を中心として-

マルサス研究序説
-親子書簡・初版『人口論』を中心として-
橋本比登志 著

A5・上製・385頁
定価(本体2,700円+税)
ISBN4-7823-0121-9

 

[内容]

マルサス理論の形成史・体系的解説書。第Ⅰ編で家族的系譜および彼の知的成長に寄与した先哲・父・先生、友人などを考察。第Ⅱ編で、英国国教会牧師マルサスの神学思想をキリスト教思想史・39信仰箇条・ペイリーの神学思想と対比し紹介した上で初級『人口論』を分析。

この書籍を購入する

購入フォームでは、本書籍のタイトル「マルサス研究序説-親子書簡・初版『人口論』を中心として-」をご入力ください。