教育原理 ―保育・教育の現場をよりよくするために

石上 浩美 編著

渡辺 英之・作野 友美・藤井 奈津子・森岡 伸枝・範 衍麗

池内 正史・矢野 正・住友 剛・稲田 達也 著

 

B5判・並製・144頁

定価(本体2,200円+税)

ISBN978-4-7823-0574-4

 

[内容]
教育現場の実情や教育思想、歴史をふまえ、現代の保育・学校現場において実践に活用できる知識を整理する。これから保育士・教員を目指す学生のみならず、現場にかかわる人々に「教育とは何か?」を問いなおす。

[目次]
第1部 教育の原理
第1章 教育とは何か
第2章 教育の目的・目標
第3章 家庭・地域における教育
第4章「教える―学ぶ」の関係と意義
第2部 教育の思想と制度の歴史
第5~7章 西洋の教育Ⅰ~Ⅲ
第8~10章 日本の教育Ⅰ~Ⅲ
第3部 現代の教育課題
第11章 学習指導要領の変遷
第12章 現代の教育課題
第13章 これからの教育がめざすもの

この書籍を購入する

購入フォームでは、本書籍のタイトル「教育原理 ―保育・教育の現場をよりよくするために」をご入力ください。